口唇ヘルペス

口唇ヘルペス

口唇ヘルペスってどう言う病気?

ヘルペス(疱疹)とは「皮膚や粘膜に小さな水ぶくれ(小水疱)が集まった状態」のことを言います。一般にヘルペスウイルスによる感染症のことをヘルペスと言います。ヘルペスがほかのウイルス性の病気と大きく異なるのは、一度感染すると症状がなくなった後もウイルスが神経節の中にじっと潜み、生き延びている点です。そして、抵抗力が低下すると潜伏していたウイルスが神経節から出てきて増殖し、再発を繰り返します。

ヘルペスは疱疹。

“ヘルペス”というと、なんだか怖い感じがしますが、実は、皮膚に水泡ができる病気で“疱疹”とも呼ばれます。
子供の頃に、口の中や唇などに水ぶくれができたりしますが、こういった症状の多くは、ヘルペスウイスルに感染して症状がでたものです。
風邪をひいた時、鼻の下などにできる水泡は「ヘルペスの再発」と考えられています。

一度はかかるヘルペス。

ヘルペスはかなり一般的な病気です。
20歳代では60~70%が、50歳代以上では殆どの人が知らない間に感染してしまっていると言われます。
そして、初感染や再発を含めて、かなり多くの人がヘルペスの症状を発症してしまっているとみられています。
月間20万人もの患者。
発感染や再発で、ヘルペスにかかったことのある人はおよそ900万人もいるといわれます。
このうち「口唇ヘルペス」や「ヘルペス性口内炎」などで病院に行く患者が月間18万人(ほかに「性器ヘルペスの患者が約2万人」)にものぼります。
しかもこのヘルペスは、どうも風邪が流行する時期に多く発症しやすいようです。

口唇ヘルペスの症状は?

口唇ヘルペスの症状は、はじめ口の周りなどが赤くなり、しばらくするとその上に米粒くらいの水ぶくれが群がってきます。
患部には軽いかゆみやほてり、痛みなどを感じます。
普通は、水ぶくれがやがてかさぶたとなって、10日~2週間くらいでおさまってしまいます。

口唇ヘルペスの症状は?
 

また、同じヘルペスウイスルが原因で口内炎の症状が出る場合もあります。
皮膚症状は2週間ほどでなおります。
初感染であるのか再発であるのか、体調のよしあしなどの要因で症状の程度は異なりますが、口唇ヘルペスは基本的に次の4つの段階を経て2週間ほどで治っていきます。

当院の口唇ヘルペスの治療方法

抗ウイルス薬を使用します。
口唇ヘルペスの症状は患部を清潔に保つことで通常、1~2週間程度で自然に治ります。しかし、重症化したり、再発を頻繁に繰り返すと、水ぶくれの部分がただれて痕が残ることがあります。適切な治療をするのが早ければ早いほど症状は軽く、回復も早いので、口唇ヘルペスが疑われる場合はすぐの治療が必要です。