矯正治療

矯正治療

 
小児矯正のメリット・・・

成人矯正と比べ、小児矯正は顎の成長をうまく利用して行えるという点にあります。無理に力を加えずにコントロールしながらの治療となるので、意図的に抜歯をしなくても済む場合もあります。また、社会人のように限られた時間の中で忙しい思いをして通う必要がない点もメリットといえます。

小児矯正の時期とポイント・・・

小児矯正は、幼児期、小学生、中高生と年齢によって治療法が異なります。
幼児期の歯列矯正・・・
乳歯が正しく生えるかどうか、それによりその後の永久歯の生え方が変わってきますので、
事前に問題が起こるのを予防すると考えます。

小学生の歯列矯正・・・

この時期は歯列矯正というよりも、顎が正しく成長するようにサポートすることが多くなります。
顎に適切なスペースがあれば、永久歯がキチンと生えてきますので、最も矯正治療に適した時期ということができます。
中高生の歯列矯正・・・
中学校を卒業する頃になると、顎の成長も終わり、大人と同じ骨格になると言われています。
ですので、後は学生のうちに受けるか、社会人になってから治療を開始するのかがポイントです。

成人矯正

 
大人の歯列矯正の種類とメリット・・・

大人の歯列矯正の種類には、以下のようなものがあります。

料金表 アクセス