Q&A

Q&A

インプラント治療はどの歯科医院でも受けられるのですか?
現在の日本での、インプラント治療導入医院は5%前後の割合です。
しかし、インプラント専門の歯科医院は少なく、年間症例数をみても経験の多い先生は限られます。
そこでクチコミ情報やインプラント症例数などを参考にしていただくと良いかと思います。

インプラントを入れるのに、どのくらいの費用がかかりますか?
インプラント治療は自費診療で、保険の適用がありません。ですので、各医院で異なります。
治療費の決定は、本数、種類、装着する人工歯の種類、等によって判断されます。
②当院では、262,500万円~で治療が可能です。詳しくは当院の費用のページをご覧下さい。
インプラント治療後に痛みや腫れはありますか?
全身の状態によって個人差はありますが、痛みを感じる場合がございます。しかし、手術後の痛みは抜歯程度の痛みや腫れと言えます。ただし再生治療を用いる場合は腫れや痛みを感じる場合があります、傷を修復しようとする体の反応で起こるものですので、ご安心ください。
鎮痛薬と抗生剤を服用することで2~3日程度でおさまります。
インプラント治療は歯周病でも大丈夫ですか?
インプラントのリスクは歯周病とも言われるように、基本的には不適応です。しかし、ブラッシング指導を受け、歯石を取って歯周病治療をしっかり行い、歯周病のコントロールをすることで、治療が可能になります。もちろん、完治された後の治療が望ましいです。
小児と成人の矯正治療は違いがありますか?
あります。小児矯正治療の場合は、成長発育を考慮して骨格のズレから改善出来ます。成人矯正の場合は、歯の移動のみとなります。
矯正治療装置を付けるとしゃべりづらくなりますか?
初めて矯正治療装置を装着した3~4日は発音しづらくなります。1週間程で慣れてきますので、その後は通常通り発音出来るようになります。
矯正治療は必要ですか?
必要だと思います。歯並びが良いとブラッシングがしやすく、虫歯や歯周病予防になります。また、咬み合せが良い事でしっかりと噛む事が出来ます。
大人でも治療できますか?
はい。可能です。しかし、歯の根と周りの骨が健康の場合となります。
転勤になった場合、どうなりますか?
色々なケースがありますので、早めにご相談下さい。患者様にあったご提案を致します。
さし歯でも矯正治療は可能ですか?
はい。可能です。しかし、歯の根と周りの骨が健康の場合となります。
矯正歯科治療は妊娠中でも出来ますか?
可能ですが、お勧めしておりません。矯正治療にはレントゲン撮影や場合によって麻酔・抗生物質などを用います。出産後に治療を開始する事をお薦め致します。
親知らずを、抜かずに矯正で治すことは出来ますか?
矯正歯科治療は行えますが、戻ってしまいます。歯の状態にもよりますので、専門医へ相談して頂く事をお薦め致します。